自然治癒力を高める|睡眠サプリメント

睡眠サプリメントランキング

自然治癒力を高める

睡眠は自然治癒力を高めてくれることがわかっています。
「春眠暁をおぼえず」という言葉がありますが、春に限らず、横になったくらいくらでも睡眠ができるときがあります。
そういうときに、「眠れるだけ眠りなさい」といって眠りを進めています。
眠いということは、体が休息を欲しているからに他ならないからです。

自然治癒力

風をひいて熱が出たりすると、不思議とよく眠れるものです。睡眠できるだけでなく、実際に眠っている間に風のウィルスが退治されてしまうのです。
風を引くとなぜ眠くなるのでしょうか?それは、風のウィルスと戦う免疫物質が、同時に睡眠物質でもあるからです。
人間には、体を最近などの外的から守る自己防衛機能が備わっています。免疫機能もそのひとつです。風のウィルスが体内に入ると、マクロファージなどの貪食細胞がこれを捕らえて分解し、さらにリンパ球がウィルスに対抗する抗体を作ります。この抗体がウィルスをやっつけてくれるのですが、こうした一連の防御機能を免疫反応といい、自然治癒力につながってくるのです。
さて、こうした免疫反応の家庭で、免疫物質といって免疫細胞を刺激する物質が生まれます。インターロイキンとかインターフェロンという物質ですが、これが同時に睡眠を促す睡眠物質になるのです。また、これらの免疫物質は発熱をおこさせたり、食欲を低下させたりしますから、風をひくと熱が出てぐったりし、しかも眠たくなってくるのです。
そしてこの間に、免疫細胞と免疫物質が風邪のウィルスと戦っているという仕組みになっているのでうs。
眠りにはこうした免疫を強化する働きがあり自然治癒力を高めてくれるのですあ、こんな理屈を知らなくても、昔から睡眠に勝る風邪薬はないといわれてきました。
風邪をひいたらさっさと寝てしまうのが一番なのです。
風邪に限らず、具合の悪いとき、動物だけでなく私たち人間も本能的に体を横にして眠ろうとします。それは眠りが体を癒してくれることを無意識のうちに知っているからです。
私たち人間は自然治癒力というすばらしい回復力を持っています。
そしてその自然治癒力は眠りによって強化されるのです。