睡眠に効く食事方法|睡眠サプリメント

睡眠サプリメントランキング

睡眠に効く食事方法

睡眠に効く食事方法としてはまずは夕食です。現代人は帰りが遅くなり、夕食が遅くなってしまう傾向にあります。夕食が夜の9時や中には11時といった人もいるのではないでしょうか?
このような遅い時間に食べるものは気をつけておかないと睡眠の質悪化させてしまう危険があります。
肉屋揚げ物、炒め物などは、消化するのに約4時間かかるとされています。夜9ジゴロ食べ終わったとすると、夜中の1時ごろまでかかってしまう計算になります。
これでは胃袋も残業していることになります。
たくさん食べると眠くなりますが、眠っていても消化器は活動していることになります。このようでは決して良い睡眠を得ることができません。
夕食は出来るだけ就寝の3時間前には済ますようにしましょう。遅くなる場合はには、消化の良いものをとり、腹8分目程度の食方法がしてきです。

タンパク質と炭水化物をバランスよく摂取する食事方法

タンパク質に含まれる必須アミノ酸のひとつのトリプトファンは、睡眠を促すメラトニンをつくる神経伝達物質セロトニンの材料となるものです。そして、そのトリプトファンの吸収を助けるには、炭水化物も必要となります。夕食には、タンパク質と炭水化物を、バランスよく取るように食事方法を工夫してみてください。

朝食も睡眠の鍵

朝の目覚めを促すには、朝食を取ることも大事です。現代人はとにかく、時間がないと朝食を抜きがちです。起きてバタバタと準備をして仕事場へ出かけ、パンと牛乳で簡単な朝食といったパターンが多く見られます。
朝食は、脳にエネルギーを補給するために、必ず摂取しなくてはいけません。
前日の夕食依頼、エネルギーが供給されていませんから。
睡眠中に下がっていた深部体温を上昇させ、活発な1日の活動をするためにも、朝食は欠かせません。
脳へのエネルギーを補給するための炭水化物と、体温を上げるためのタンパク質を摂取しましょう。
さらに体調を整えるビタミン類も忘れずに。こうして、朝食をきちんと摂取することで、体内時計をきちんとリセットさせてくれます。
睡眠の質を高めるためには、3度の食事をきちんと摂取することが重要なのです。