うつ病と不眠|睡眠サプリメント

睡眠サプリメントランキング

うつ病と不眠

うつ病と不眠は相互関係があるとされています。うつ病の方は不眠の症状を伴いますし、不眠が長く続くと、うつ病を招くこともあるからです。
不眠を伴う、うつ病の患者さんの場合の睡眠の形は、健康な人と異なります。健康な人の場合は、入眠後すぐにノンレム睡眠が訪れ、周期的にレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返して目覚めますが、うつ病の患者さんの睡眠では、入眠後すぐにレム睡眠が訪れ、何周期かしている間でもレム睡眠の時間が長くなります。
睡眠全体が浅いため、うつ病の患者さんは、不眠を訴えることが多いのです。
健康な人の不眠が悪化していく過程としては、入眠障害・中途覚醒・熟眠障害と徐々に悪化していくのですが、うつ病にかかると、一度に睡眠の質が悪化してしまいます。
うつ病の初期症状としても、不眠があげられています。まず、不眠が現れ、その後、顔の表情など打つ特有の症状が合われていきます。
逆に、不眠が1年以上続いたりすると、今度はうつ病に掛かり安くなるので不眠は早めに治すべきです。

不眠を伴う心の病気

心の病気にはいくつかあります。一つは今回ご紹介したうつ病です。
別には統合失調症です。妄想や幻覚・不眠、意欲減退が現れます。脳の神経伝達物質の異常が原因と考えられています。治療は、抗精神病薬の投与によって症状を改善します。
双極性障害では気分が落ち込むうつ状態と、気分が高揚する躁の上体を繰り返す病気です。治療はうつの時は抗うつ剤、総状態の時は気分安定剤を使用します。
不安障害では、強い不安感に苛まれます。突然の不安感によってパニックに陥ることもあります。治療は、抗不安剤や抗うつ剤などを使い、不安を和らげます。カウンセリングによって、不安を取り除くことも行われます。
不眠とともに、気持ちが落ち込むようであれば、心療内科・精神科を受診してみましょう。